期日指定定期預金とはどのような預金か ~ ふわふわした日々を綴ります

main_top_over_navi
main_top

期日指定定期預金とはどのような預金か

期日指定定期預金は普通の定期と違います。

特徴は1年間原則として解約は出来ませんが、その後は自由に満期日を指定できるその名前のとおりの期日を指定できる定期預金ですね。

期日指定定期預金は1年複利なので期間が長ければ長いほど有利になりますから、使う予定のない資金などには良い定期預金だと思います。

だいたいが最長3年ぐらいのところが多いようで、最高300万円ぐらいのようですね。

それだけでも十分でしょう。

その頃には経済情勢も変わっているでしょうから、その後別な金融商品に換えるのも方法でしょう。

金利は固定金利で税金は20%源泉分離課税となります。

預金も保護対象になりますから、とても安全な預金でもありますね。

これから日本の経済情勢もどうなるかわかりませんので、しばらくはこのような期日指定定期預金などの定期預金で様子を見ながら、資産運用なども考えていくのが、今の段階では最善ではないかとも思います。

これから金利が上がればますます有利な金融商品になりますね。
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2014 ふわふわした日々を綴ります All Rights Reserved.